スリランカ国保健医療セクター情報収集・確認調査が始まります。

2014-11-19

スリランカ政府はJICAの支援により包括的な保健サービスを提供することを目的とした「ヘルス・マスタープラン(2007~2016)」を策定しています。また、2009年に策定された「国家慢性NCD対策予防政策及び戦略フレームワーク」では、重点戦略として、循環器系疾患に重点を置いた費用対効果の高い健診プログラムの導入や保健医療システムの強化による予防・治療・リハビリテーション・緩和ケアを含む総合的なNCD対策の提供等、9つの重点戦略を定めています。さらに、JICAは上記マスタープラン策定以降、①NCD予防と管理の強化や、②保健医療サービス向上のための病院管理体制の強化:5S/TQMを活用した病院管理体制の効率化などに協力してきました。

本調査は、上記マスタープラン策定以降のスリランカの保健医療セクターにおける現状と課題及び関連する政策(特にNCD対策)を再確認することにより、我が国の国際保健外交戦略として掲げているユニバーサル・ヘルス・カバレッジの概念も念頭に、スリランカの保健医療セクターに対して、我が国の保健医療産業・技術力を生かした貢献ができる分野を特定し、同国の保健医療セクターの課題に対する協力の方向性(案)の提案及び主に有償資金協力を活用した個別具体的案件の初歩的な検討を行うことを目的とします。

株式会社フジタプランニング
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-16 市ヶ谷KTビルI 5階
TEL 03-6256-8200 FAX 03-6256-8201

Copyright© 2015 Fujita Planning Co., Ltd. All Rights Reserved.