ペルー国 災害時における救急医療に係る情報収集・確認調査

thumb_DSC01784_1024死ぬまでに行きたい絶景として有名なマチュピチュをはじめ、世界各地から観光客がやってくる世界遺産大国ペルー。日系人も多く暮らすこの国は、日本と同じく環太平洋火山帯に位置し、地震や津波、洪水、土砂災害など多様な自然災害リスクを抱えています。2007年のリマ沖を震源地とするM8の大地震は、イカ県を中心に甚大な被害をもたらしました。

現在、我が社はペルーにおける災害リスク管理に主眼を置き、新規支援の可能性を検討するための「災害時における救急医療に係る情報収集・確認調査」を請け負っており、今回は第一次調査として3週間ペルーに出張して参りました。

IMG_1060ペルーは沿岸部・アマゾン地域・アンデス山岳地帯と、3つの非常に異なる地形をもち、その特殊性から自然の恩恵を受ける一方で、様々な災害リスクにさらされています。ペルーには多くの防災関連機関が設置されており、そのひとつである国立工科大学地震防災センター(CISMID)は1986年にペルー国の要請を受け、日本の技術協力によって設立されたものです。センター長をはじめとし、研究員の多くが日本の大学で地震や津波対策を学んだ経験を持っているとのことでした。このCISMIDがリマの14ヵ所を対象とした建築物の耐震脆弱性の調査を行った結果、実に70%の病院において脆弱性は高く、建て直しや補強が必要であることが明らかになっています。

thumb_DSC01535_1024今回は防災関連機関およびリマ市の三次医療施設を中心に調査を実施しましたが、なかには施設自体が歴史的建造物であり、取り壊しや耐震補強が困難だという病院もありました。築100年を超え、老朽化も進んでいる病院の災害対策は、近年改定された国の病院建築基準においても早急に対処すべきところですが、文化遺産保護の観点から物事はそう簡単ではなく、ジレンマを感じます。

IMG_1442調査した三次医療施設のすべてが、高度医療を求めて全国から訪れた比較的貧しい人々で溢れ、病院の構造上・機能上の許容範囲を超えた状況にありました。さらには、保健省が設置した緊急医療援助サービス(救急車搬送システム)は非常に限局的であり、この役割を実質担っているのは消防隊員でした。これらの消防隊員はなんとボランティアで活動しており、ペルーの人々の並々ならぬボランティア精神には、ただただ頭の下がる思いです。平時においてもリファラル体制が確立されていないなど、保健医療や救急医療の課題が山積しているペルーですが、どのような支援がペルーにとって適切であり、必要とされているのかを、今後の調査で明らかにしていきたいと思います。

thumb_DSC01483_1024thumb_DSC01924_1024

タジキスタン共和国ハマドニ県小児医療機材・施設改善計画準備調査

我が社では、「タジキスタン共和国ハマドニ県小児医療機材・施設改善計画準備調査」を請け負っております。本調査の対象は、タジキスタンの南部アフガニスタンとの国境に位置し、国内で最も人口の多いハトロン州にあるハマドニ県の中央病院小児科病棟です。

ハマドニ県中央病院 小児科病棟

ハマドニ県中央病院 小児科病棟

本件は医療施設としては劣悪な環境下にある小児科病棟の建て替え及び医療機材の整備を内容とする無償資金協力事業「ハマドニ県小児医療機材・施設改善計画」を日本政府に要請したものです。

要請には、一般病室の他、小手術室、超音波検査等の検査室、集中治療室(ICU)、処置室等を兼ね備えた小児科棟の建設と必要な医療機材の整備が含まれます。

対象病院であるハマドニ県中央病院は、人口約13万人のハマドニ県の2次医療施設として、産婦人科棟、外科棟、小児棟、検査棟等の独立した施設から構成されています。本院は、近隣県の病院よりも劣悪な状態にあると言われているように、病院内の多くの建物は、旧ソ連時代に建てられた大変古い1階建ての平野造りであり、対象である小児科棟も同様に古く、腐食が激しい建物でした。

閑散としている小児科病棟の集中治療室 (ICU)

閑散としている小児科病棟の集中治療室 (ICU)

現在の小児科棟は、一般病室と集中治療室(ICU)で構成されています。ICUと言いましても、輸液ポンプ、ネブライザーがあるだけで、本来ICUに整備されるべき高度医療機材は無く、重症患者の集中治療が出来る環境とは言い難い状況でした。

このような環境下においても、病院スタッフは、入院中の子供たちのために病棟内をきれいに掃除し、床を磨いている様子を何度も見かけ、タジキスタンの医療スタッフの勤労な様子を伺うことができました。

調査中、小児病棟に入院中の患児に付き添う母親にお話を伺う機会がありました。

「冬期には、子供がよく体調を崩すが、病院に連れて来たくない。この病院の中は、自宅よりも寒くて、凍えてしまうので、病気を治すために来た病院で子供はかえって具合を悪くしてしまう。新しい小児科の建物が完成したら、冬でも病気の子供たちを暖かい病室の中に入院させてあげられたら、親にとってはこの上なく嬉しいこと。」

小手術室の様子

小手術室の様子

ハマドニ県では、厳冬期に気温が氷点下20度まで下がり、大変厳しい環境になりますが、現在の小児科病棟では暖房設備は老朽化し、使えない状況です。患児の母親の言葉にあったように、このことが患者の病院へのアクセスの阻害要因の一つとなっていることが考えられ、病院統計上においても冬期の患者数は他の月の3~5分の1程度となり、著しく少ないことがあらわれています。

 

また、保健省の2012年の統計データでは、ハマドニ県のあるハトロン州は、人口の半数が貧困層であり、5歳未児死亡率(43対出生千)および乳児死亡率(34対出生千)は、タジキスタン国内でも最も高いという現状です。この保健指標だけではなく、現地での状況や医療従事者や患者さんへの聞き取り調査から、ハマドニ県中央病院の施設や機材整備の改善による小児の健康改善は急務であるということを理解できました。

首都ドゥシャンベからハマドニ県をつなぐ幹線道路

首都ドゥシャンベとハマドニ県をつなぐ幹線道路

また、調査地であるハマドニ県へは、首都ドゥシャンベより車で2時間半から3時間程度です。本院で診断・治療が難しい患者は、高度な医療施設へリファーラルされることになっており、そのうちの7割の患者は首都のトップレファラル病院へ搬送されます。本案件で小児科病棟が整備されることにより、今まで診断・治療のために首都に行かざるを得なかった患者が減ることも期待されています。

 

タジキスタンと日本は、20年以上の友好関係があり、タジキスタン国内では親日家の多さを実感しました。タジキスタン国内には、日本語を学ぶ機関も数か所あります。今回の調査においても、日本への留学経験がある勤勉な日本語通訳さんたちに大変お世話になり、調査を滞りなく終えることが出来ました。

活気のある首都ドゥシャンベのバザールにて

活気のある首都ドゥシャンベのバザールにて

本案件によって、タジキスタン共和国ハマドニ県の小児医療サービスの向上が子供たちの健康改善に貢献されることを切に願っております。

 

 

 

カンボジア王国 無償資金協力

院内の風景

院内の風景

調査に行く国々では、医療機器の管理は常に懸念事項であり、調達を計画・検討する際にも重要なチェック項目です。管理体制が整っていない施設に、管理の必要な機材調達を計画するわけにはいきません。

今回紹介する施設は、カンボジア王国首都のプノンペンにある日本の無償資金協力で建設され、また医療機材の管理を技術協力プロジェクトで支援していた施設です。

 

17年の年季の入った検診台

17年の年季の入った検診台

ワークショップ

ワークショップ

長期の継続的な使用をしているにも関わらず、痛みが少なく、大事に使って頂いていたことが見てすぐ分かる施設、機材が多い事が印象的です。写真は産婦人科用の検診台です。17年も毎日、患者さんを乗せて検査をしていた年季を感じさせません。きちんとした丁寧な手入れがされてきたのでしょう。

技術協力プロジェクトにて協力を受けていた医療機材の管理ですが、病院の中には各種工具が取り揃えられ、ひと通りの機材点検や修理が出来るような設備が備えられ、信頼のおける技術を有した職員が働いています。

小さな細かい故障も丁寧に作業をするよう教育を受けているようです。病院の作業場では傷んで修理の必要となった機材の調整や修理にあたるスタッフの熱心な姿が見ることができました。

修理作業にあたるスタッフ

修理作業にあたるスタッフ

 

 

 

 

 

 

レストラン

レストラン

カンボジアでは、レストランや物産店に行っても、料理や民芸品にカンボジアの人々の繊細な感性が活かされた芸術作品を楽しむことができます。こういった様々な分野で活かされる技術や精神があるからこそ、医療という場においても、患者さんに対する親切な対応のみならず医療機材などの丁寧な扱いが出来るのだろうと痛感いたしました。

猫

訪問者である私達にも丁寧な挨拶をしてくれる病院スタッフのホスピタリティに惹かれ、院内の涼しい環境に逃れてきた猫を発見しました。年間を通じで最高気温が30℃を上回るカンボジアでは猫が一番快適な空間を知っているようです。

ザンビア国保健投資支援プロジェクト(2015年-2016年)

2015年3月から実施されている「ザンビア国保健投資支援プロジェクト(2015年-2016年)」の概要と現在までの進捗をご紹介いたします。

現在、ザンビア政府は、都市部に偏った保健医療体制の是正のため、地方部の医療施設の機能強化を図っています。ヘルスセンターや第1次病院(郡病院)が主体である地方部の医療施設は地域住民の基礎的医療(プライマリーヘルスケア)を担う要所と位置づけられています。それらの施設が本来の機能を発揮できるように、保健医療サービスの現状を把握し、必要な医療施設と医療機材を整備するための保健投資計画を策定し、実施することが求めています。

このような背景のもと、わが社は、「保健投資支援プロジェクト」(2010年1月~2013年1月)を実施実施し、ルサカ州、西部州、東部州の3か所のパイロット州にて「州・県レベルでの医療資機材管理の仕組みの整備」、「第2次及び第3次病院における医療資機材基準の整備」、「医療資機材の予防的管理のための計画運用」などの成果を上げました。本プロジェクトは、上記の「保健投資支援プロジェクト(2010-2013年)」のフォローアッププロジェクトとなります。

具体的には、前回のプロジェクトの活動継続状況を確認するとともに主に、第2次及び第3次病院の医療施設整備基準の作成支援、医療施設管理体制の構築支援、医療機材技術研修、郡レベルでの年度予算計画の策定支援を実施いたします。

まず、本プロジェクトの活動の説明と議論のためにキックオフミーティングが2015年3月に開催されました。キックオフミーティングでは全出席者が、今回のプロジェクトの背景、内容、プロジェクト後に期待されることなどを共有し、プロジェクトの効果的な実施、その後の全国展開などに関して活発な協議を交わしました。

キックオフミーティングの様子

キックオフミーティングの様子

また、4~5月にかけて前回のプロジェクト成果の継続状況を確認しました。前回の成果である医療機材管理システムや5S活動を継続するだけでなく、より使いやすい手法に発展させている病院もあり、このような病院があることは何よりも嬉しく感じました。

前回のプロジェクトで学んだという5S活動に熱心に取り組んでいた病院スタッフ

前回のプロジェクトで学んだという5S活動に熱心に取り組んでいた病院スタッフ

今回のプロジェクトでも引き続き、当事者であるザンビアの方々のオーナシップを大切にしつつ、保健医療サービスの向上を継続できる仕組みづくりを支援していけるように、このプロジェクトに関わって参りたいと思います。

モルドバ国医療機材維持管理改善プロジェクト

今年(2015年)の4月よりモルドバ共和国にて「モルドバ国医療機材維持管理改善プロジェクト」に係る業務を開始いたしました。モルドバ共和国では、非感染症を中心とする先進国型の疾病構造に移行しており、医療レベルの向上が求められております。またその一方で保健医療に係る財政支出の比率が既に高く、医療サービスの効率化も急務となっております。

本プロジェクトでは、医療サービスの効率化の一環として、モルドバ共和国全土に医療機材管理センター/ユニットを設置・機能させ、医療機材管理体制を構築することを最終的な目標とし、全国レベルの医療機材管理体制案の検討とパイロット医療施設内における医療機材維持管理体制作りを行います。

本プロジェクトにてパイロット医療施設となった5病院は、弊社がコンサルティングサービスを提供するJICA有償資金協力「医療サービス改善事業」にて多くの医療機器が導入されている施設となります。そのため本プロジェクトを通じて、日本の有償資金協力によって整備された機器がより長期間使用され、モルドバの人々の健康維持に貢献することが期待されます。

IMGP4844

パイロット病院の1つで、プロジェクトオフィスのある 共和国病院

IMGP4927

共和国病院内のプロジェクトオフィス

本プロジェクトの最初の活動として、半年毎にプロジェクトの進捗の確認を行う合同調整委員会(Joint Coordinate Committee、以下JCC)と、本プロジェクトに係る技術的助言を提供する技術委員会(Technical Committee、以下TC)を設立しました。5月22日に開催された第1回目のJCCにて本プロジェクトの業務計画(プロジェクトの内容)が承認され、その後5月25日に開催された第1回目のTCにて今年度実施が予定されているプロジェクト活動の具体的な内容についてモルドバ共和国保健省の方を中心とした参加者と協議を行いました。

IMGP4892

第1回合同調整委員会(JCC)の様子

Exif_JPEG_PICTURE

第1回技術委員会(TC)の様子

今後は、現在実施中の関連行政機関や全国の主要医療施設に対する医療機材管理の現状についてのインタビュー調査の結果を踏まえ、医療機材管理センター/ユニットの設置基準及び業務ガイドラインの素案を作成し、関係機関に提案する予定です。

ガーナ国野口記念医学研究所追加実験棟設置計画準備調査

2015年3月より約三週間、「ガーナ国野口記念医学研究所追加実験棟設置計画準備調査」のために西アフリカのガーナに行ってまいりました。

野口医学研究所正面

対象となる野口記念医学研究所(野口研)は、その名前からも分かる通り、ガーナの地で黄熱病研究に身を捧げた野口英世博士の功績をたたえて1979年に日本の無償資金協力で建てられました。

それ以降、長年にわたる無償資金協力や技術協力が行われたことにより研究能力は向上し、現在では他の研究機関と共同研究を実施したり、日本をはじめ海外の大学とも交流を持ち、西アフリカを中心とした国際的な感染症対策課題に貢献しています。

近年では、西アフリカのリベリア・シエラレオネ・ギニア三国でのエボラ出血熱流行の際も重要な対策拠点として大きな役割を果たしました。

野口研玄関にある野口英世博士の肖像

このようにガーナ国内外で重要な役割を果たしている当研究所ですが、近年増加・発展する研究活動や将来の研究者を育成する教育機関として更に発展することが期待されています。

本調査では、数多くの研究者と学生達との出会いがありました。 日本に留学したり、研修に参加したことのある研究者も沢山いらっしゃり、日本とガーナの友好関係を感じました。 中には「こんにちは!」と声をかけてくださる方もおられました(そのあと、「私、日本語シャベレマセン!」と続くのには、笑わせていただきました…!)

殆ど毎日通った野口研内の食堂での昼食

話をしている中で、研究者お一人お一人の研究に取り組む熱い思いや、野口研で働いていることに対する誇りを感じ、西アフリカを代表する重要な研究拠点であると同時にガーナと日本の友好の象徴であるようなこの場所でお仕事をさせて頂けることを大変光栄に思いました。

今後も、当研究所の更なる医学研究・教育の発展を願い、この地を後にいたしました。

訪問先の医療機材代理店で見つけたカカオ

余談ですが…ガーナといえばチョコレート!訪問した医療機材代理店の玄関に、偶然にもカカオの実が実っていました。スタッフの方が記念にとカカオをくださいましたが、さすがにカカオからチョコレートの作り方は分からず、しばらくはお仕事の合間にホテルで鑑賞しておりました。

 

タジキスタン国 無償資金協力

 アッサローマ レイクンマ!!(現地での挨拶)

 母子保健施設医療機材・給排水改善計画で、タジキスタン共和国に来ました。ソ連崩壊(1991年)により独立国家となったタジキスタンは、北にキルギス、東に中国、南にアフガニスタン、西にウズベキスタンとの国境を有する内陸国です。

©google map

 国土の大部分は山岳地帯であり、雄大な景色を見ることができます。
 さて今回のタジキスタン訪問の目的は、「医療機材の供与」です。61種類の医療機器を7つの病院に供与しました。そのうちの一つ、首都にある第3産科病院をご紹介します。

 ここはタジキスタンにおいて、母子保健分野の高度な医療を提供する機関として位置づけられています。ですが、ソビエト時代からの老朽化した医療機器も多いという現状であり、その役割を十分に果たせているとは言えない状況でした。

第3産科病院

 そこで今回のプロジェクトでは、低出生体重児のための保育器・モニター、妊婦健診のための超音波診断装置、帝王切開を実施するための機器など、母子保健に関する様々な医療機器を供与しました。

低出生体重児のための保育器

 ただ機器を供与するだけではなく、機器のトレーニングも実施。トレーニング中は、メモを取り、実際に機器に触れるなど、みなさん真剣そのもの。中にはスマートフォンを活用し、動画を撮るスタッフもいました。そのスタッフは「わからないことが出てきたら、この動画を見ます!!」と笑顔。

研修を受けている医療従事者たち

 トレーニング後、数人にインタビューをしてみると、「今まで治療できなかった小さく生まれた子供を助けられる」「超音波検査により、妊婦健診が充実する」などの今後の健診・治療の充実に向けて、前向きな意見がありました。


乳児死亡率や妊産婦死亡率などが近隣諸国に比べて高いタジキスタン。今回供与された日本の医療機器が活躍し、安心・安全に出産、子育てできる環境が整うことを祈っています。

ミャンマー国州・地域拠点病院整備情報収集・確認調査を行ってきました。

我が社では、2014年8月から一年間、国際協力機構(JICA)より、「ミャンマー国州・地域拠点病院整備情報収集・確認調査」業務を請け負っております。本調査では、ミャンマーの全国の州・地域の拠点病院の保健医療サービス、現有機材、施設設備の現状を調査するものであり、南部タニンダーリー地域メイッから、北部カチン州ミッチーナーまで全国津々浦々を回りました。

ミャンマーの病院は、施設の老地化や雨漏り、カビの発生などのほかにエレベーターやスロープが無く患者さんの移動が大変であるという課題があります。また、医療機材も不足していました。さらに、マラリアやデング熱等の感染症や交通外傷などの患者が年々増加しているにも関わらず、医療従事者数は不足しており、人員不足の中で多くの患者を取り扱わなくてはいけないという厳しい現状でした。

しかし、お話を伺った医師や看護師は、そのような状況下においても熱意をもって患者の診断や治療にあたり、向上心のある方々ばかりで大変感動しました。

ミャンマーは、2011年に長らく続いた軍事政権に終止符を打った国ですが、日本との国交関係は60年におよぶ親日国です。人口5千万人のうち、6割を占めるビルマ人の他、20以上の少数民族がおり、それぞれ固有の言語を持っています。

ミャンマー北部地方では、様々な少数民族の文化や人々の生活に触れ、さらに訪問した2月は、氷点下まで気温が下がることもあり、ミャンマー南部地方とは異なった風土を経験しました。

ミャンマー北部地方の気候は、果物や野菜などの作物に適した気候で、道中ではかんきつ類やイチゴなどの様々な果物が路上販売されており、我々もかわいらしい売り子さんに惹かれて購入しました。ミャンマーのイチゴは、ハウスで育てた日本のイチゴのような強い甘さはないものの、「昔の日本で取れた素朴なイチゴの味」でした。大自然で育った無添加の果物は、どれも美味で調査の疲れを癒してくれました!

今回の現地調査は、生真面目で、礼儀正しく、遠慮深いミャンマーの人々のおかげで、滞りなく実施することができました。ぜひもう一度訪れたい国のひとつになりました。

今後、本調査の結果が活用され、ミャンマーの州・地域拠点病院への支援が実施されることで、国内の医療サービス提供機能が向上することを切に願っております。

 

スリランカ国保健医療セクター情報収集・確認調査

2015年3月から4月にかけて、標記調査の現地調査を実施しました。

スリランカは仏教国というイメージが強いですが、ヒンズー教、イスラム教の人々も暮らしています。スリランカの人々の笑顔や優しさに接していると想像しづらいですが、民族間の紛争が終結してからまだ日も浅く、未だに紛争の爪痕が残っている地域や、複雑な心情的を抱く人々がいることも事実です。保健省は公的な保健サービスを無償で提供するなど、医療サービスの充足かがはかられていますが、都市と地方にはまだ差がみられるのが現状です。

一方で、スリランカのほとんどの病院(高次から1次レベルまで)では、5S (Seiri, Seiton, Seisou, Seiketsu, Shitsuke)が実践されており、既存の資源を活用して最大限のサービスを提供するという姿勢が浸透していました。この様子には調査団も驚き、また日本の産業界で実践されている考え方がスリランカの保健セクターに根付いていることをうれしく感じました。

調査中、我々が訪問する先々でおいしい紅茶をごちそうになりました。スリランカは写真のような山岳地帯でとれる紅茶の産地として有名ですが、その紅茶の香りはとても深く、日本では味わったことがないようなおいしいミルクティーでした。スリランカもおもてなしの心あふれる温かい国であることを実感しました。

写真上:整理整頓された薬

写真下:ウバ州の景色

ラオス・コミュニティ開発支援無償

3月18日(水)にラオスの首都ビエンチャンの保健省で開催された、「南部地域保健サービスネットワーク強化計画」の機材調達に係る入札の評価を行ってきました。このプロジェクトは、JICAが実施するコミュニティ開発支援無償の枠組みにおいて、ラオスの南部4県を対象とし、保健医療サービスが届きにくい遠隔地の保健センターの新設や改築、医療機材の整備を行うものです。

ラオスには10年ぶりに渡航しましたが、同国の近年の目覚ましい経済成長を物語るかのように、首都は道路も舗装され、商業ビル等も増えて活気にあふれる印象でした。一方、市内の市場では新鮮な食材や伝統的なお菓子、衣類や日用品などが混然一体として売られ、海外から訪問する者の目を楽しませてくれます。

ビエンチャン市内の市場(タラート・クオディン)の様子。

都市部の発展の一方で地方では未だ保健医療サービスへのアクセスが限られた地域が多く、医療施設の強化や医療人材の育成は引き続き同国の課題となっています。今回の入札を通じて調達される機材が保健施設に届き、保健課題の解決に資することが期待されます。

夕暮れのメコン川。対岸がタイです。