ミャンマー国州・地域拠点病院整備情報収集・確認調査を行ってきました。

我が社では、2014年8月から一年間、国際協力機構(JICA)より、「ミャンマー国州・地域拠点病院整備情報収集・確認調査」業務を請け負っております。本調査では、ミャンマーの全国の州・地域の拠点病院の保健医療サービス、現有機材、施設設備の現状を調査するものであり、南部タニンダーリー地域メイッから、北部カチン州ミッチーナーまで全国津々浦々を回りました。

ミャンマーの病院は、施設の老地化や雨漏り、カビの発生などのほかにエレベーターやスロープが無く患者さんの移動が大変であるという課題があります。また、医療機材も不足していました。さらに、マラリアやデング熱等の感染症や交通外傷などの患者が年々増加しているにも関わらず、医療従事者数は不足しており、人員不足の中で多くの患者を取り扱わなくてはいけないという厳しい現状でした。

しかし、お話を伺った医師や看護師は、そのような状況下においても熱意をもって患者の診断や治療にあたり、向上心のある方々ばかりで大変感動しました。

ミャンマーは、2011年に長らく続いた軍事政権に終止符を打った国ですが、日本との国交関係は60年におよぶ親日国です。人口5千万人のうち、6割を占めるビルマ人の他、20以上の少数民族がおり、それぞれ固有の言語を持っています。

ミャンマー北部地方では、様々な少数民族の文化や人々の生活に触れ、さらに訪問した2月は、氷点下まで気温が下がることもあり、ミャンマー南部地方とは異なった風土を経験しました。

ミャンマー北部地方の気候は、果物や野菜などの作物に適した気候で、道中ではかんきつ類やイチゴなどの様々な果物が路上販売されており、我々もかわいらしい売り子さんに惹かれて購入しました。ミャンマーのイチゴは、ハウスで育てた日本のイチゴのような強い甘さはないものの、「昔の日本で取れた素朴なイチゴの味」でした。大自然で育った無添加の果物は、どれも美味で調査の疲れを癒してくれました!

今回の現地調査は、生真面目で、礼儀正しく、遠慮深いミャンマーの人々のおかげで、滞りなく実施することができました。ぜひもう一度訪れたい国のひとつになりました。

今後、本調査の結果が活用され、ミャンマーの州・地域拠点病院への支援が実施されることで、国内の医療サービス提供機能が向上することを切に願っております。

 

スリランカ国保健医療セクター情報収集・確認調査

2015年3月から4月にかけて、標記調査の現地調査を実施しました。

スリランカは仏教国というイメージが強いですが、ヒンズー教、イスラム教の人々も暮らしています。スリランカの人々の笑顔や優しさに接していると想像しづらいですが、民族間の紛争が終結してからまだ日も浅く、未だに紛争の爪痕が残っている地域や、複雑な心情的を抱く人々がいることも事実です。保健省は公的な保健サービスを無償で提供するなど、医療サービスの充足かがはかられていますが、都市と地方にはまだ差がみられるのが現状です。

一方で、スリランカのほとんどの病院(高次から1次レベルまで)では、5S (Seiri, Seiton, Seisou, Seiketsu, Shitsuke)が実践されており、既存の資源を活用して最大限のサービスを提供するという姿勢が浸透していました。この様子には調査団も驚き、また日本の産業界で実践されている考え方がスリランカの保健セクターに根付いていることをうれしく感じました。

調査中、我々が訪問する先々でおいしい紅茶をごちそうになりました。スリランカは写真のような山岳地帯でとれる紅茶の産地として有名ですが、その紅茶の香りはとても深く、日本では味わったことがないようなおいしいミルクティーでした。スリランカもおもてなしの心あふれる温かい国であることを実感しました。

写真上:整理整頓された薬

写真下:ウバ州の景色

ラオス・コミュニティ開発支援無償

3月18日(水)にラオスの首都ビエンチャンの保健省で開催された、「南部地域保健サービスネットワーク強化計画」の機材調達に係る入札の評価を行ってきました。このプロジェクトは、JICAが実施するコミュニティ開発支援無償の枠組みにおいて、ラオスの南部4県を対象とし、保健医療サービスが届きにくい遠隔地の保健センターの新設や改築、医療機材の整備を行うものです。

ラオスには10年ぶりに渡航しましたが、同国の近年の目覚ましい経済成長を物語るかのように、首都は道路も舗装され、商業ビル等も増えて活気にあふれる印象でした。一方、市内の市場では新鮮な食材や伝統的なお菓子、衣類や日用品などが混然一体として売られ、海外から訪問する者の目を楽しませてくれます。

ビエンチャン市内の市場(タラート・クオディン)の様子。

都市部の発展の一方で地方では未だ保健医療サービスへのアクセスが限られた地域が多く、医療施設の強化や医療人材の育成は引き続き同国の課題となっています。今回の入札を通じて調達される機材が保健施設に届き、保健課題の解決に資することが期待されます。

夕暮れのメコン川。対岸がタイです。

 

 

 

 

北米・中南米(メキシコ・ボリビア・ドミニカ共和国)で調査をしてきました!

8月31日から10月11日の期間、メキシコ共和国、ボリビア多民族国、ドミニカ共和国で保健医療分野の調査を行ってきました。同じアメリカ大陸に位置し、ともにスペイン語を話す3ヶ国ですが、国により医療事情はもちろん、文化や食習慣、人々の様子などまったく異なり多くを学ぶ調査でした。

最初に訪れたメキシコでは、ちょうど独立記念日の前だということもあり「チレス・エン・ノガダ」というメキシコの国旗と同じ色をしたチリの中に野菜や肉詰めした料理をよくレストランでみかけました!また、グアカモレ(アボガドディップ)のおいしさに感動しました。

右下がグアカモレ

 

 

 

 

 

 

 

2ヶ国目のボリビアでは、首都のみではなく5県で調査を行いました。ラパスは、標高が低いところでも約3,600メーターと高く、少し階段を上っただけで息切れがでるほどでした。標高が高いため、気温が低くホテルでは暖房などを使っていましたが、調査の合間に見る美しい歴史的建造物やカラフルなお土産等に癒されていました。

公立病院で調査を行う弊社社員

ラパスの風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に訪れたドミニカ共和国は、寒かったラパスから到着した私たちは、最初に澄み切ったきれいなカリブ海や暖かい天候で一気に幸せになりました。
調査中は、保健省の担当職員に同行してもらうことが多く、勤勉な彼らの助けを多くもらいました。

保健省副大臣、担当官と弊社社員

 

 

 

 

 

 

 

どの国も様々な関係者の皆さまにお世話になりました。この調査が少しでも各国の人々の健康向上に役立つように祈っております。

アルメニア

弊社が携わるスキームの一つに、無償資金協力のフォローアップがあります。無償資金協力にて整備された機材をより有効に活用してもらうために、整備後5年から7年位の間に追加でのスペアパーツの供与や一部機材の修理が行われます。
今回紹介させていただきますのはアルメニアで行われた母子保健施設の医療機材整備の約6年後のフォローです。
ソチオリンピックの際に、日本人フィギュアスケート選手の練習場としてアルメニア首都のイェレヴァンにあるスケートリンクが使用されていたのが記憶にある方もいらっしゃると思います。

ハラズダン母子センター

ハラズダン病院前

首都を離れると緩やかな山稜の見渡せる景色、岩肌の見える丘陵が続き、緑広がる丘に囲まれた病院が一つの対象施設となっておりました。

保育器

こちらは首都にある施設で使用されていた保育器です。医療水準は機材の整備された年度よりより向上しており、600g程度の新生児まで救命することができるようになっているようです。

手術台

手術台も6年以上も毎日数件の手術をこなしているのに、丁寧に管理されてきたのが伺えます。いくつかの医療機材に関しては自分たちの手で修理や対応がされておりましたが、どうしても対応ができないものに関して、フォローアップにて整備をさせていただくことになりました。

アルメニアは、黒海とカスピ海に挟まれる人口約300万人の内陸国です。地震多発国で、地滑りなども多く発生し日本からの援助が行われています。紹介させていただいた写真でも見て取れるとおり、物を大切に扱い耐用年数以上の使用をしてくれています。

路上販売

共和国広場

地方からの帰りの道では道端でたくさんの野菜や果物が新鮮な状態で販売されておりました。夜になると共和国広場をはじめとする噴水で、光と音のショーが開かれておりました。病院で接していたスタッフの方々の優しさも、この様な豊かな環境から生まれてくるのだと感銘を受けるともに、日本からの援助もこの様な形で有効に使用いただき、コンサルタントの仕事をさせて頂いており幸せを感じる案件の一つでした。

タンザニア国KAIZEN指導者研修に参加してきました!

JICAが実施するタンザニア国「保健人材開発強化プロジェクト」に対し、わが社は短期専門家を派遣しております。同プロジェクトでは、タンザニア国の保健医療サービスの質の向上を目指して、5S-KAIZEN-TQMアプローチの全国展開と保健人材育成機関等への導入を支援しています。

2014年5月12日~16日まで同プロジェクトが行うKAIZEN指導者育成研修がタンザニア南西部に位置するムベヤコンサルタント病院で実施されました。本研修の開催は、今年で4回目となります。今回、わが社より私を含め社員2名は、KAIZEN活動を学ぶとともに研修運営をお手伝いさせていただきました。

本研修では、TQMアプローチの手法である5S活動から、KAIZEN活動に移行する医療施設の参加者を対象とし、研修後、各施設においてKAIZEN活動を指導できる人材育成を目的として開催されました。

今年の参加者は、開催地タンザニアから8病院及び保健福祉省の職員計40名、ウガンダ、マラウイ、ケニア、ナイジェリア、スーダンから計20名と大変賑やかな研修となりました。参加者は、各国の鮮やかな色の民族衣装で身をまとい、会場はとても華やかでした!

研修講師は、本プロジェクト内で育成されているタンザニア国内の10名のナショナルファシリテーターが務め、講義や演習指導等、参加者により分かりやすいよう進めていました。本研修を通じて、参加者は問題解決手法であるKAIZENプロセスの理論のみならず、グループ演習を通じて実践方法も学びました。そして、本プロジェクトのモデル病院であるムベヤコンサルタント病院の見学を通じ、現場での好事例を学んだことで実践へのより深い理解を得られたようでした。

その研修成果は、研修の修了式で参加者代表のマラウイ国ムスズ病院の参加者からの素晴らしいスピーチに現れていると思いますので、こちらでご紹介致します。

「5S-KAIZEN手法は、アフリカの病院で多くの問題を抱える私たちの仕事に対するマインドセットを変えてくれました。この研修で出会ったアフリカの兄弟国の参加者と共に、保健医療サービスの質の向上という共通の目標に向けて、互いの国で切磋琢磨し、KAIZENに取り組んでいくことを約束します。」

活発な意見交換や白熱した議論、時折湧きおこるアフリカンジョークによる大爆笑を交えながら、本研修は大盛況のうちに幕を閉じました!

医療現場での複雑に絡み合った問題の解決を行うためには、まずその問題の根源を正しく認識し、適切な対策が取られる過程が不可欠です。そのために、KAIZENツールの使用により、この問題の根源を段階的に明確にしていくことの必要性を研修参加者と共に学んできました。

本研修での成果がそれぞれの参加国の保健医療サービスの質の向上に貢献されていくことを心から祈っております。Good Luck !

高井

タジキスタン国保健施設に係る無償資金協力

タジキスタン共和国の続きとなります。中央アジアに位置するタジキスタンで2週間ほど無償資金協力の業務を行ってまいりました。タジキスタンは、北にキルギス、東に中国、南にアフガニスタン、西にウズベキスタンと国境を接する旧ソビエト連邦からの独立国です。言語表記はキリル文字を使用していますが、公用語であるタジク語はペルシャ語を由来とする言語であると言われており、宗教も国民の多くがイスラム教徒です。食文化においては、ロシアとペルシャ料理の融合が見ら大変興味深いものがあります。

 

タジキスタンの食事

タジキスタンの食事

写真は食事の一面ですが、お茶はチャイと呼ばれますがスープにボルシチがあったり様々です。アフガニスタンと国境を接していることもあり、国交がありますので食事で頂いたコーラはアフガニスタン産のものでした。

 

 

ソモニ像

ソモニ像

市内にある大きなモニュメントはイスマイル・ソモニです。10世紀にサーマーン朝の全盛期を支えたタジキスタンの国父と呼ばれる人物で、通貨単位であるソモニもこのイスマイル・ソモニに因んでいます。独立前はこの場所に大きなスターリンの銅像が存在し、独立・ソ連邦の崩壊とともに、ソモニ像に置き換えられたようです。

 

 

 

 

前回は暑い夏の時期の訪問で気温が40℃を越えていましたが、今回は3月末の訪問でした。帰国前日の夕方より雪がちらつき始め、帰国便がこの影響にて欠航になるなど季節外れの積雪にしばし足止めをされましたが、雪化粧をした木が桃色に咲いた梅であることに気付かせてくれ、一時の休息が冷たい空気の中、心をほっとさせてくれる一幕でした。寒い雪の中に咲く、梅やサクラのように人の心を繋げるような援助のできるプロジェクトになることを心から祈っております。

3月の積雪

3月の積雪

エルサルバドルで素晴らしい出会いを経験しました!

3月11日から28日までの日程で、エルサルバドル共和国で仕事をしてきました。エルサルバドルは中米5ヶ国の中で最も国土の小さい国ですが、人口密度が高く、地震やハリケーン、火山噴火などの自然災害の被害を受けていること、人々は真面目で勤勉なことが日本と似ていることから、中米の日本とも呼ばれると聞きました。

首都圏は美しい都市ですが、一歩郊外にでると地すべりなど危険な状況も垣間見られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも人々の心は豊かです。週末にサイト調査にでかけた後、遅めのランチを取った小さな村では教会の前の公園に屋台がでて、歌手のパフォーマンスがありました。偶然にもその主催者の一人が、カウンターパートの高校時代の友人であり、感動の再会シーンが展開しました。日本人を案内してきて、今は遅めのランチをとっているんだよと説明して、またねと分かれていきました。しばらくすると、一曲歌い終わった歌手が「ハポン、グラシアス!! 今、日本の方がエルサルバドルを支援するために調査に来てくれています~~~!!」と我々のことを紹介してくれました。すると、周囲からは暖かい拍手が沸き起こり、「グラシアス!!」の声が様々な方向から我々一行にかけられました。いや、ご飯食べに来ただけだし・・とはにかみつつも、その地域の伝統料理(首都圏に住む運転手さんも食べない)というとうもろこしを発酵させたスープで煮込んだチキンを食べながら、この国のために何が出来るかいつもに増して真摯に考えようと思った瞬間でした。(いや、拍手もらったからだけではないのです。人々の暖かい心、郷土料理の味に感動したのです。念のため)

その素晴らしい出会いは人々ばかりではありませんでした。ワンコ達もなかなかのものでした。(写真を撮ったものの腕が悪く、鮮明でないもので恐縮ですが)

通常、途上国のワンコはやせ衰え、肋骨が浮き出ていて、うつろな目、怯えながらも食事にありつこうとします。その哀れな姿は、生まれ変わっても途上国のワンコだけにはなりたくないと無宗教の友人に言わしめたほどです。けれど、エルサルバドルのワンコたちは野良犬でも人々に愛されているのか、肋骨が浮き出てさまようようなワンコではなく、余裕のよっちゃんで残り物を待つ風情がありました。椅子に座っているワンコは、コーヒーショップのワンコです。写真とるよぉ~とスペイン語で言ったところ、椅子に座ってポーズをとってくれました。もちろん、人々の生活に余裕があるからだと思いますが、ワンコに対する愛情がなければ、このような光景には出会えなかったと思います。

そして極めつけの経験は、とても尊敬できる女性にお目にかかれたことです。(ワンコの後でかくのも恐縮ですが・・・) その方は92歳の現役の保健大臣です。ロドリゲス大臣は貧しい家庭に生まれ育ちながら、努力によりエルサルバドルで初めての女医になられた方です。非常に聡明なかたで、医学部の教授、大学の学長を経て、現政権2009年から大臣になられました。 92歳という高齢で現役というのも驚かされますが、お話を伺っていてもその聡明さには感嘆します。

ピンクのジャケットにおしゃれなスカーフ、スカートにパンプスという女性らしい出で立ち。そのエレガントさは、人々を魅了します。何歳になっても女を忘れちゃいかんなぁと何度もつぶやいていた同僚の言葉が耳に残ります。

素晴らしい出会いに感謝!! だから この仕事はやめられない・・・・のかも。

 

 

講師のためのコーチングワークショップを開催しました。

第二回講師のためのコーチングワークショップを実施しました。

スーダン国カッサラ州基本行政サービス向上による復興支援プロジェクト保健クラスターでは、村落助産師現任研修の質の向上のため、コーチングワークショップを開催しました。

本ブログでもご紹介しました第8回、9回村落助産師現任研修で、講師たちの活躍ぶりを少しお伝えしておりますが、さらなる講師の能力向上のために、2012年に開催された第1回コーチングワークショップに続いて今回のワークショップが開催されまました。

ワークショップでは、研修で村落助産師に統一した正しい手順を教えるために作成された手順書の内容の確認と、第9回研修から導入したモデル指導案の修正、講師に必要なコミュニケーションスキルを学び、その後、それらの教材とスキルを活かしてフリップチャート教材を使用した講義の演習を行いました。

 

 

 

活発なディスカッションと熱心に取り組む演習は、こちらが圧倒されてしまうほどでした。教材の使用方法が大いに改善されました。

ワークショップでの学びを今後実施予定の村落助産師リフレッシャートレーニングに活かしていってくれることに期待します。

報告者:伊東

 

第八回村落助産師現任研修が終了しました。

ブログでお伝えしておりました、スーダン国カッサラ州での7日間の村落助産師現任研修が無事終了しました。

研修6日目にはFGM(女性器切除)の関するディスカッションを行いました。スーダンでは未だ多くの女子が自分の意思ではなく割礼を施術されており、その心身に与える侵襲から多大な被害を受けています。

伝統と風習、生活の糧を得るためなど様々な理由から、母と子の命を守るはずの村落助産師が、時にFGMの施術者になってしまっている現状があります。

講師の助産師さんたちも申しておりましたが、粘り強く啓蒙活動を行っていくほかありません。

閉会式でも確認しましたが、研修は終了ですがこれからが新たなスタートです。この研修での学びを糧に、村落助産師さんたちが、母子の健康のためにそれぞれの村で活躍してくれることを切に願います。

 

 

 

さすがアフリカ大陸!最後は雄叫びと机を利用した即席太鼓とダンスで研修終了を祝いました♪

 

より安全で安楽なお産の提供のため、本プロジェクトでは引き続き村落助産師さんの活動のサポートを行っていきます。

 

 

 

母子保健研修管理・マネージメント:伊東